ボロ雑巾な(元)SEの焼き肉食べたい!

面倒なことは嫌い。先人の知恵は遠慮せずに活用する元SE兼何でも屋のぼやき。 仕事柄、Windows系の記事ばかりになってしまうのは仕方がないの。

Windows7

【WU】2016/08/14メモ

今月もsvchost.exeが(略 なので・・・。

★Windows
  1. Windows 7 for x64-based Systems 用 Internet Explorer 11 の累積的なセキュリティ更新プログラム (KB3175443)
  2. Windows 7 for x64-Based Systems 用セキュリティ更新プログラム (KB3167679)
  3. Windows 7 for x64-Based Systems 用セキュリティ更新プログラム (KB3178034)
  4. 悪意のあるソフトウェアの削除ツール x64 - 2016 年 8 月 (KB890830)

★Office2007
  1. Microsoft Office 2007 suites (KB3114442)   のセキュリティ更新プログラム
  2. Microsoft Office 2007 suites (KB3114893)   のセキュリティ更新プログラム
  3. Microsoft Office 2007 suites (KB3115109)   のセキュリティ更新プログラム
  4. Microsoft Office Compatibility Pack Service Pack 3 (KB3115464)   のセキュリティ更新プログラム
  5. Microsoft Office Outlook 2007 (KB3114981)   のセキュリティ更新プログラム
  6. Microsoft Office Outlook 2007 Junk Email Filter (KB3115461)  の更新プログラム
  7. Microsoft Office Word 2007 (KB3115465)   のセキュリティ更新プログラム
★オプション
  1. Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3161102)

しかし、更新プログラムの確認プロセスに時間がかかるのは何とかしてほしいものです。
※先駆者の方々が詳しいので「win32k.sys 先入れ」等で検索してみてください。



【WU】2016/07/15メモ

今月もsvchost.exeが(略 なので、適用しました。

★Windows
  1. Microsoft .NET Framework 3.5.1 のセキュリティ更新プログラム (x64 ベース システム用 Windows 7 および x64 ベース システム用 Windows Server 2008 R2 SP1 向け) (KB3163245)
  2. Windows 7 for x64-based Systems 用 Internet Explorer 11 の累積的なセキュリティ更新プログラム (KB3170106)
  3. Windows 7 for x64-Based Systems 用セキュリティ更新プログラム (KB3168965)
  4. Windows 7 for x64-Based Systems 用セキュリティ更新プログラム (KB3170455)
  5. Windows 7 および Windows Server 2008 R2 x64 の、Microsoft .NET Framework 4.6.1 用セキュリティ更新プログラム (KB3164025)
  6. 悪意のあるソフトウェアの削除ツール x64 - 2016 年 7 月 (KB890830)

★Office2007
  1. Microsoft Office Compatibility Pack Service Pack 3 (KB3115308)   のセキュリティ更新プログラム
  2. Microsoft Office Compatibility Pack Service Pack 3 (KB3115309)   のセキュリティ更新プログラム
  3. Microsoft Office Excel 2007 (KB3115306)   のセキュリティ更新プログラム
  4. Microsoft Office Word 2007 (KB3115311)   のセキュリティ更新プログラム

★オプション(先頭▼は「推奨」扱い)

  • なし(邪魔なので、不要なものは非表示へ)

次、(言葉を選ばないで言えば)危険リスト。Win10関連を含みます。
以下のアップデートは非表示中。
  1. Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB2952664)
  2. Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3021917)
  3. Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3035583)
  4. Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3080149)
  5. Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3102429)
  6. Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3107998)
  7. Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3118401)
  8. Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3121255)
  9. Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3123862)
  10. Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3138612)
  11. Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3123862)
  12. Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3137061)
  13. Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3138612)
  14. Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3140245)
  15. Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3147071)
  16. Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3161608)
  17. Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3170735)
  18. Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3173040)
Windows10の無料アップグレード期限が近づいてきましたが、非表示のウィ○スたちはどのような扱いになるのでしょうかね。

【WU】2016/06/18分メモ

今回、私のPCに配信された更新の一覧(Win7 Pro 64bit + Office 2007)。
svchost.exeが定期的に大暴れして邪魔なのでさっさと適用することに。

★Office 2010
  1. Microsoft Office 2010 (KB2881030) 32 ビット版 の更新プログラム
★Windows
  1. Windows 7 for x64-based Systems 用 Internet Explorer 11 の累積的なセキュリティ更新プログラム (KB3160005)
  2. Windows 7 for x64-Based Systems 用セキュリティ更新プログラム (KB3159398)
  3. Windows 7 for x64-Based Systems 用セキュリティ更新プログラム (KB3161561)
  4. Windows 7 for x64-Based Systems 用セキュリティ更新プログラム (KB3161664)
  5. Windows 7 for x64-Based Systems 用セキュリティ更新プログラム (KB3161949)
  6. Windows 7 for x64-Based Systems 用セキュリティ更新プログラム (KB3161958)
  7. Windows 7 for x64-Based Systems 用セキュリティ更新プログラム (KB3164033)
  8. Windows 7 for x64-Based Systems 用セキュリティ更新プログラム (KB3164035)
  9. Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3162835)
  10. 悪意のあるソフトウェアの削除ツール x64 - 2016 年 6 月 (KB890830)
★Office2007
  1. Microsoft Office Compatibility Pack Service Pack 3 (KB3115111)   のセキュリティ更新プログラム
  2. Microsoft Office Compatibility Pack Service Pack 3 (KB3115194)   のセキュリティ更新プログラム
  3. Microsoft Office Excel 2007 (KB3115107)   のセキュリティ更新プログラム
  4. Microsoft Office Outlook 2007 Junk Email Filter (KB3115192)  の更新プログラム
  5. Microsoft Office Visio Viewer 2007 (KB2596915)   のセキュリティ更新プログラム
  6. Microsoft Office Word 2007 (KB3115195)   のセキュリティ更新プログラム
★オプション(先頭▼は「推奨」扱い)
  1. ▼Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB2952664)
  2. ▼Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3133977)
  3. ▼Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3137061)
  4. ▼Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3138378)
  5. ▼Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3138901)
  6. ▼Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3140245)
  7. ▼Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3147071)
「KB2952664」→非表示(Win10関連)。

次、(言葉を選ばないで言えば)危険リスト。Win10関連を含みます。
以下のアップデートは非表示中(先頭▼は新たに非表示にしたもの)。
  1. ▼Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB2952664)
  2. Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3021917)
  3. Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3035583)
  4. Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3080149)
  5. Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3102429)
  6. Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3107998)
  7. Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3118401)
  8. Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3121255)
  9. Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3123862)
  10. Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3138612)
 ちらほら周知されているようですが、「svchost.exeが暴れる」「WUの更新の確認に時間がかかりすぎる」問題については、「win32k.sys」の更新が含まれているアップデートがあるとこのような状況になる。とされています。

今月においては「KB3161664」が該当します。
このようなケースにおいての(ざっくり)対処法としては、
  1. 更新の確認をまだ行っていない場合は、ダウンロードセンターよりKB3161664の単体インストーラをダウンロード。適用して再起動したのちにWUの更新を行う。
  2. すでにWUで更新の確認が終わっている場合は「KB3161664」のみ先に適用、再起動して残りを実施
 この2つが有力のようです。なお、LANから切り離して云々、更新の確認を無効にしてから実施等前提条件などがあるようですが、特に急いでいる場合を除いてはまったりと実施した方が精神的に良い気もします。

 ちなみに私の場合、7 HomeのノートPCは、単体インストーラ適用。
7 Proのデスクトップは先にKB3161664のみ適用でsvchost.exeと更新の確認に時間がかかる件は治まりました。

 なお、KB3161664未導入、かつ更新の確認が終了している時点でWUの「更新を確認しない」に設定変更した場合、設定を確認する旨のメッセージが表示され、せっかく取得した更新プログラムの一覧が非表示になります。
 このブログ用に更新プログラムの一覧を表示させようとWUの設定を元に戻したところ、再度svchost.exe大暴れ→更新の確認に時間がかかる→数時間待たされる。といったアホな結果となりました。

【WU】2016/05/12分メモ 05/27更新


今回、私のPCに配信された更新の一覧(Win7 Pro 64bit + Office 2007)。

記事更新(内容は続きを見る以降に記載)
2016/05/15 KB3136000、KB3142037のインストール失敗と対処について追記
2016/05/27 KB3035583等が非表示から脱獄した件など追記

★Windows
  1. Windows 7 for x64-based Systems 用 Internet Explorer 11 の累積的なセキュリティ更新プログラム (KB3154070)
  2. Windows 7 for x64-Based Systems 用セキュリティ更新プログラム (KB3153171)
  3. Windows 7 for x64-Based Systems 用セキュリティ更新プログラム (KB3153199)
  4. Windows 7 for x64-Based Systems 用セキュリティ更新プログラム (KB3155178)
  5. Windows 7 for x64-Based Systems 用セキュリティ更新プログラム (KB3156013)
  6. Windows 7 for x64-Based Systems 用セキュリティ更新プログラム (KB3156016)
  7. Windows 7 for x64-Based Systems 用セキュリティ更新プログラム (KB3156017)
  8. Windows 7 for x64-Based Systems 用セキュリティ更新プログラム (KB3156019)
  9. Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3153731)
  10. Windows 7 および Windows Server 2008 R2 SP1 x64 の、Microsoft .NET Framework 3.5.1 用セキュリティ更新プログラム (KB3142024)
  11. Windows 7 および Windows Server 2008 R2 x64 の、Microsoft .NET Framework 4.6.1 用セキュリティ更新プログラム (KB3136000)
  12. Windows 7 および Windows Server 2008 R2 x64 の、Microsoft .NET Framework 4.6.1 用セキュリティ更新プログラム (KB3142037)
  13. 悪意のあるソフトウェアの削除ツール x64 - 2016 年 5 月 (KB890830)
★Office2007
  1. Microsoft Office 2007 suites (KB2984938)のセキュリティ更新プログラム
  2. Microsoft Office 2007 suites (KB2984943)のセキュリティ更新プログラム
  3. Microsoft Office Compatibility Pack Service Pack 3 (KB3115115)のセキュリティ更新プログラム
  4. Microsoft Office Outlook 2007 Junk Email Filter (KB3115110)の更新プログラム
  5. Microsoft Office Word 2007 (KB3115116)のセキュリティ更新プログラム
★オプション(先頭▼は「推奨」扱い)
  1. ▼Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3035583)
  2. ▼Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3133977)
  3. ▼Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3137061)
  4. ▼Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3138378)
  5. ▼Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3138901)
  6. Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3140245)
  7. ▼Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3147071)
オプション分は、「KB3140245」以外は推奨扱いになっています。
前回チェックから「KB3139923」がなくなり、「KB3035583」(おなじみ)が復活しています。
5583は後ほど非表示にします。

次、(言葉を選ばないで言えば)危険リスト。Win10関連を含みます。
以下のアップデートは非表示中(先頭▼は新たに非表示にしたもの)。
  1. Microsoft .NET Framework 4.6.1 アップグレード言語パック (KB3102433)★記事更新
  2. Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB2952664)
  3. Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3021917)
  4. ▼Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3035583)
  5. Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3075249)
  6. Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3080149)
  7. Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3102429)
  8. Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3107998)
  9. Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3118401)
  10. Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3121255)
  11. Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3123862)
  12. Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3138612)
「KB3035583」がオプションに脱走していたのでここでは非表示にしておきます。

ここで、「OK」ボタンをクリック後、ダイアログが「更新プログラムを確認しています...」と表示されsvchost.exeが暴れ始めました。svchost.exeが暴れることはよくありますが、このタイミングで更新プログラムの確認と表示されるのは初めてのケースです(インストールボタンを押した覚えはないのですが)。

しかし、この確認という作業、時間がかかりすぎやしませんか?
今日のところは放置しておやすみなさいです。




続きを読む

【WU】2016/04/13分メモ 04/21更新


今回、私のPCに配信された更新の一覧(Win7 Pro 64bit + Office 2007)。

更新有(記事最後部)

★Windows
  1. Windows 7 for x64-based Systems 用 Internet Explorer 11 の累積的なセキュリティ更新プログラム (KB3148198)
  2. Windows 7 for x64-Based Systems 用セキュリティ更新プログラム (KB3145739)
  3. Windows 7 for x64-Based Systems 用セキュリティ更新プログラム (KB3146706)
  4. Windows 7 for x64-Based Systems 用セキュリティ更新プログラム (KB3146963)
  5. Windows 7 for x64-Based Systems 用セキュリティ更新プログラム (KB3149090)
  6. Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3148851)
  7. Windows 7 および Windows Server 2008 R2 SP1 x64 の、Microsoft .NET Framework 3.5.1 用セキュリティ更新プログラム (KB3142042)
  8. Windows 7 および Windows Server 2008 R2 x64 の、Microsoft .NET Framework 4.6.1 用セキュリティ更新プログラム (KB3143693)
  9. 悪意のあるソフトウェアの削除ツール x64 - 2016 年 4 月 (KB890830)
★Office2007
  1. Microsoft Office 2007 suites (KB3114542)   のセキュリティ更新プログラム
  2. Microsoft Office Compatibility Pack Service Pack 3 (KB3114895)   のセキュリティ更新プログラム
  3. Microsoft Office Compatibility Pack Service Pack 3 (KB3114982)   のセキュリティ更新プログラム
  4. Microsoft Office Excel 2007 (KB3114892)   のセキュリティ更新プログラム
  5. Microsoft Office Word 2007 (KB3114983)   のセキュリティ更新プログラム
★オプション(先頭▼はフォントが斜体になっているもの)
  1. ▼Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3133977)
  2. ▼Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3137061)
  3. ▼Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3138901)
  4. Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3139923)
  5. ▼Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3147071)
  6. Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3138378)
  7. Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3140245)
オプション分は、数日前まで5つほどありましたが、いったん1つに減った後、5つに戻りました。
斜体のKBがいったん消えたものかは不明。”推奨”の分類なので(=Win10怪しい)オプション分は暫くはこのままにしておきます。

次、(言葉を選ばないで言えば)危険リスト。Win10関連を含みます。
以下のアップデートは非表示中(先頭▼は新たに非表示にしたもの)。
  1. ▼Microsoft .NET Framework 4.6.1 アップグレード言語パック (KB3102433)
  2. Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB2952664)
  3. Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3021917)
  4. Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3035583)
  5. Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3075249)
  6. Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3080149)
  7. Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3102429)
  8. Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3107998)
  9. ▼Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3118401)
  10. ▼Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3121255)
  11. Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3123862)
  12. ▼Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3138612)

KB2952664が2つ存在していたものは1つになりました。
まだWin10にする気はありません。が、一度Win7→アップグレードWin10でライセンス認証させておけば、Win10クリーンインストールできるらしいので一度はやってみたい(という罠ですかね)。

んー、無理にアップグレードする気はないのですがね。
Win7はクリーンインストールしたいですが。

2016/04/20更新分
  1. ネットの情報によると、KB3146706、KB3147071は不具合が含まれる可能性があるとのこと(Officeに影響する等)。
  2. オプションにKB3138378、KB3140245が追加されていました。
  3. 非表示分に変化なし。
  4. KB2952664、KB3035583、KB3021917は安定の隔離。
  5. 「悪意のある~」とオプション以外を適用(KB3146706、KB3147071込)。再起動は1回。今のところ不具合なし。
  6. 「悪意のある~」適用。
2016/04/21更新分
  1. IE11の起動時、「ホームページと検索設定の選択」というダイアログが表示される(下図)。これ、以前のWUで追加されてたような気もしないでもないです(多分、別のなにかと勘違いしています^^)。「~通知なく変更されることを防ぎます。」までは構わないですが、Microsoftの設定とかいってMSNとBingに引き込もうとするのは姑息ですね。と、余計なことを考えてしまいました。詳細とやらを読んでみましたが、新しい情報は得られず。
  2. そのダイアログ、一度完了してしまえば2回目以降の起動では表示されない様子。
  3. Officeは今のところは問題なし。

20160421_update1




Yahoo! JAPAN 復興支援 東日本大震災
Amazonライブリンク