ボロ雑巾な(元)SEの焼き肉食べたい!

面倒なことは嫌い。先人の知恵は遠慮せずに活用する元SE兼何でも屋のぼやき。 仕事柄、Windows系の記事ばかりになってしまうのは仕方がないの。

変更

livedoor IDやパスワードの盗用に注意

タイトルの通りです。

[追記あり]【重要】偽装サイトでのパスワードの盗用にご注意ください | livedoor Blog 開発日誌
ICON000000

数日前にLDBにログインできなかったり不安定だったのはコレのせいだったようですね。
IDとパスを抜かれた人は面倒ですね。

当たり前といえばそうなんですが、公式からの説明はログインするときの証明書の確認をしておきましょうねというとこです。
ICON000001

私はブックマークしたページからログインをしないので、不正なページでIDやパスワードを入力した記憶はないのですが、念のためパスワードを変更します。

ICON000002

右上の登録情報から登録情報の確認画面へ遷移します。

ICON000003

登録情報の確認画面から「パスワードの変更をする」をクリックして、パスワード変更画面を表示させます。

ICON000004

現在のパスワード(古いパスワード)と新しいパスワードを入力して「変更する」をクリックすればパスワード変更は完了です。

ICON000005

ちなみに、第三者が自身のIDにてログインしていないかは「ログイン履歴」の画面で確認できます。
(前述の登録情報の確認画面からログイン履歴→「閲覧する」で表示されます)

黒く塗りつぶしていますが、今現在アクセスしている端末(通常はルータ)のIPアドレスとホスト名が表示されています。下段の一覧には、過去のログイン日時およびIPアドレスが同様に表示されていますので、あまりにもIPアドレスが異なるホストからのアクセスがあった場合は盗用され可能性もあります(ただ、プロバイダやルータの再起動によってIPアドレスが変更されることがあるので参考程度にしかなりませんが)。

たまにはログイン履歴を確認しておくとよいでしょう。

ちなみに、先程パスワード変更を行いましたが、登録情報にメールアドレスを登録しているとパスワード変更の通知が届きます。
ICON000006

こんなかんじ。
身に覚えのないパスワード変更メールが届いた場合、早急に対応する必要があるのでメールアドレスは登録しておいた方がよいですよ。

Thunderbird キャッシュ保存先を変更するよ

Thunderbirdの初期設定では、キャッシュはプロファイル内に作成されます。

 キャッシュは一時的なファイルであることと、プロファイルバックアップ時には不要なことが多いため、別のドライブやフォルダに変更するとよいでしょう。

 また、Ramdiskを使用している環境ではキャッシュをRamdiskに置くことでパフォーマンス上の恩恵を受けられるかもしれません。

 ここでは、Thunderbirdのキャッシュフォルダの変更方法について記録を残します。

 ※既存のキャッシュを残したままのキャッシュフォルダの「移動」については考慮しません。キャッシュの内容が一から作成されてもよい方のみ参考にしてください。

 手順については以下の通り。
  1. ツール→オプションを開き、詳細タブの「設定エディタ」を開く。警告が表示されるので、内容をよく理解した上で次に進む。
    ICON000000
    ICON000001

  2. 上部の検索窓に「browser.cache.disk.capacity browser.cache.disk.parent_directory」を入力して項目が存在するか確認する。面倒であれば「cache」のみで検索してもよい。

    ICON000002

  3. browser.cache.disk.capacity browser.cache.disk.parent_directory」が存在しなければ、リスト上で右クリックし「新規作成」→「文字列」で設定名を「browser.cache.disk.capacity browser.cache.disk.parent_directory」にして次に進む。

  4. 設定が存在する場合はダブルクリック、上記のように新規作成した場合は値の入力を求められるので、キャッシュフォルダとしたい親のフォルダ名を入力する。ここでは、Z:(Ramdisk)上のフォルダを指定している。
    ICON000003

  5. OKで設定を保存し、Thunderbirdを再起動。「browser.cache.disk.capacity browser.cache.disk.parent_directory」に指定したフォルダ以下にキャッシュフォルダが作成されていればOK

 暫く使用してみて問題が無ければ元のキャッシュフォルダは削除しても問題ないと思います。元のフォルダはプロファイル内の「Cache」フォルダです。

 ちなみに、私の環境では「Cache」と「Cache2」と2つのフォルダが作成されていました。多分、何か間違っている。(と思う)アクセス状況を調べて問題ないようだったら片方を削除する予定です。

追記:
随分と設定名の間違いに気づいていませんでした・・・修正しました。
 誤:browser.cache.disk.capacity
 正:browser.cache.disk.parent_directory


Yahoo! JAPAN 復興支援 東日本大震災
Amazonライブリンク