私も利用していますが、既に払い出されている短縮URLは利用できるようです。

Google URL Shortenerを利用中の方は、当該ページより発行済みの短縮URLと元URLの組をCSVにてダウンロードできますので、FDLを含めた他サービスへの乗り換えに利用できるかと思います。