ボロ雑巾な(元)SEの焼き肉食べたい!

面倒なことは嫌い。先人の知恵は遠慮せずに活用する元SE兼何でも屋のぼやき。 仕事柄、Windows系の記事ばかりになってしまうのは仕方がないの。

2016年06月

【WU】2016/06/18分メモ

今回、私のPCに配信された更新の一覧(Win7 Pro 64bit + Office 2007)。
svchost.exeが定期的に大暴れして邪魔なのでさっさと適用することに。

★Office 2010
  1. Microsoft Office 2010 (KB2881030) 32 ビット版 の更新プログラム
★Windows
  1. Windows 7 for x64-based Systems 用 Internet Explorer 11 の累積的なセキュリティ更新プログラム (KB3160005)
  2. Windows 7 for x64-Based Systems 用セキュリティ更新プログラム (KB3159398)
  3. Windows 7 for x64-Based Systems 用セキュリティ更新プログラム (KB3161561)
  4. Windows 7 for x64-Based Systems 用セキュリティ更新プログラム (KB3161664)
  5. Windows 7 for x64-Based Systems 用セキュリティ更新プログラム (KB3161949)
  6. Windows 7 for x64-Based Systems 用セキュリティ更新プログラム (KB3161958)
  7. Windows 7 for x64-Based Systems 用セキュリティ更新プログラム (KB3164033)
  8. Windows 7 for x64-Based Systems 用セキュリティ更新プログラム (KB3164035)
  9. Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3162835)
  10. 悪意のあるソフトウェアの削除ツール x64 - 2016 年 6 月 (KB890830)
★Office2007
  1. Microsoft Office Compatibility Pack Service Pack 3 (KB3115111)   のセキュリティ更新プログラム
  2. Microsoft Office Compatibility Pack Service Pack 3 (KB3115194)   のセキュリティ更新プログラム
  3. Microsoft Office Excel 2007 (KB3115107)   のセキュリティ更新プログラム
  4. Microsoft Office Outlook 2007 Junk Email Filter (KB3115192)  の更新プログラム
  5. Microsoft Office Visio Viewer 2007 (KB2596915)   のセキュリティ更新プログラム
  6. Microsoft Office Word 2007 (KB3115195)   のセキュリティ更新プログラム
★オプション(先頭▼は「推奨」扱い)
  1. ▼Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB2952664)
  2. ▼Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3133977)
  3. ▼Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3137061)
  4. ▼Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3138378)
  5. ▼Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3138901)
  6. ▼Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3140245)
  7. ▼Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3147071)
「KB2952664」→非表示(Win10関連)。

次、(言葉を選ばないで言えば)危険リスト。Win10関連を含みます。
以下のアップデートは非表示中(先頭▼は新たに非表示にしたもの)。
  1. ▼Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB2952664)
  2. Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3021917)
  3. Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3035583)
  4. Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3080149)
  5. Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3102429)
  6. Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3107998)
  7. Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3118401)
  8. Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3121255)
  9. Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3123862)
  10. Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3138612)
 ちらほら周知されているようですが、「svchost.exeが暴れる」「WUの更新の確認に時間がかかりすぎる」問題については、「win32k.sys」の更新が含まれているアップデートがあるとこのような状況になる。とされています。

今月においては「KB3161664」が該当します。
このようなケースにおいての(ざっくり)対処法としては、
  1. 更新の確認をまだ行っていない場合は、ダウンロードセンターよりKB3161664の単体インストーラをダウンロード。適用して再起動したのちにWUの更新を行う。
  2. すでにWUで更新の確認が終わっている場合は「KB3161664」のみ先に適用、再起動して残りを実施
 この2つが有力のようです。なお、LANから切り離して云々、更新の確認を無効にしてから実施等前提条件などがあるようですが、特に急いでいる場合を除いてはまったりと実施した方が精神的に良い気もします。

 ちなみに私の場合、7 HomeのノートPCは、単体インストーラ適用。
7 Proのデスクトップは先にKB3161664のみ適用でsvchost.exeと更新の確認に時間がかかる件は治まりました。

 なお、KB3161664未導入、かつ更新の確認が終了している時点でWUの「更新を確認しない」に設定変更した場合、設定を確認する旨のメッセージが表示され、せっかく取得した更新プログラムの一覧が非表示になります。
 このブログ用に更新プログラムの一覧を表示させようとWUの設定を元に戻したところ、再度svchost.exe大暴れ→更新の確認に時間がかかる→数時間待たされる。といったアホな結果となりました。

【備忘録】jQueryでaタグのclick()が機能しない?

タイトルの通りです。雑記です。

どうも思い通りに動かず、個人的にハマった件。

状況としては、
  • $("a")で取り出したオブジェクトにclick()をかけても、hrefに指定されたページへ遷移してくれない。
  • cssなどの変更はできているので、セレクタをミスったわけではない。

想定していたコードはこんな感じ。
$("a").each(function(){
  if(とある条件){
    $(this).click(); //clickさせたかったがスンとしている
    return false;
  }
});

普段click()は使わないので真相は分かりませんが、ぱっと検索したところAタグは期待した動作をしてくれないようですね。
※個人的な感想で、ほとんどリファレンスも読んでません、調べてもいませんので、勘違いかもしれません。

さて、どうするか?ですが。
ページ遷移してくれればよいのでclick()にこだわる必要は無し。ということで、
location.hrefでOKのようです。よく考えれば全然問題ない方法ですね。一つの方法に拘りすぎて周りが見えなくなってしまった例です。頭も固くなったもんです。

で、
$("a").each(function(){
  if(とある条件){
    location.href=$(this).attr("href");  //これで十分
    return false;
  }
});

今回の解決策は jQueryでaタグのリンクをクリックさせる方法|Logica を参考にさせて頂きました。ありがとうございます。

【備忘録】ファイルの並び順に慣らされていた

Windowsを長いこと使わせてもらっていますが、Explorerでファイルの並び順が思うようにいかなかった時期がありました。

WindowsNTや2000の頃は(わりかしまともに)思うようにファイル名順で並んでいたような気がします。

並び順の仕様が変更されたのはいつの頃からでしょうか。
今となってはあまり気にもしていないのですが、使っていれば慣れてくるもんですね。

そもそも、整理された並び替えを意識するフォルダやファイルは、「0001_至急」「0080_完了」のように固定の数字を割り当てて管理していました。
そんなわけで、並び順の仕様が変更されたとしてもさほど気にならなかったのかもしれません。

これ、現行の動作を変更することができるようです。

【Win】 ファイルの並びをWindows2000以前にする魔法のレジストリ"NoStrCmpLogical"=dword:00000001 ニッチなPCゲーマーの環境構築

この記事を拝見して、あーそういえば・・・となった次第です。

BBR-4HGファームウェア更新するってよ

いや、ファームウェアの新着情報にBBR-4HG、MGが掲載されていたもので。

これ、私もお世話になりました。倉庫に眠っていると思います。何年前でしたかね?
民生機として有線ブロードバンドルーターといわれるものの中では、息の長い製品ですね。

MGをごにょごにょしてHG化とか、爆熱対策などネタとしても面白い機種です。
バッ●ャロー製品にしてはメンテナンスが続いているなんてすごいですね。
Yahoo! JAPAN 復興支援 東日本大震災
Amazonライブリンク