ネットバンキング用のウィルス対策として「Trusteer Rapport」を導入してるのですが、先日、最新版の更新が保留となっていることに気づきました。

というか、いつの間にかブラウザのアドレスバー付近に表示されていたTrusteer Rapportのアイコンが消えていたので、おかしいなと思って確認して判明しました。

これ、IBMから提供されいてるのですが、サイトの新着を見てみるとChrome43ではアイコンが表示されないことがあるので更新してね♪みたいなものが掲載されていると。

で、更新してみた結果。

○Chromeでアイコンが表示され保護機能が動作していることが確認できるようになった

×Chromeでポップアップウィンドウが表示される際にフリーズする
×同じく、画面遷移中にフリーズする
×EMETがIE11の動作をブロックする(Trusteer Rapportとの関係は不明)

残念です。余計なことをしてしまったようです。
Trusteer Rapportを停止すればとりあえずChrome関連の変な動作は解消されました。
ここまでたどり着くまで、Chromeは上書きインストールしたり、プロファイルをいじったりと無駄な時間を費やしました。

毎週のバックアップから戻そうかと思案中。
いやー残念。