ボロ雑巾な(元)SEの焼き肉食べたい!

面倒なことは嫌い。先人の知恵は遠慮せずに活用する元SE兼何でも屋のぼやき。 仕事柄、Windows系の記事ばかりになってしまうのは仕方がないの。

2013年10月

iPod nano交換プログラムから帰ってきた

先日申込みしたiPod nano第1世代交換プログラムですが、集荷から約5日で戻ってきました。

さっそく、開封の儀を行いました。
届いた箱。大きさはティッシュペーパーの箱を2回りほど大きくした感じです。
a01

荷札の裏に何か貼ってあったので見てみましたが、謎のシリアルと思われるものが。
a02

いざ開封。Appleからのお手紙と、交換品が入っていました。噂通り6thが戻ってきました。ちなみに、2GBのシルバーです。
a03


タッチパネルは慣れないですね。軽く動作確認してみましたが、特に問題はないようです。


第1世代iPod nanoの交換プログラムを申し込んでみた

何気なくネットを巡回していたらiPod nanoのバッテリ不具合の交換プログラムの記事を発見。
リコールされているのは知っていましたが、放置していました。
特に発火などのトラブルはありませんでしたがもしもの場合が怖いですし、ちょうどバッテリの持ちが悪くなってきたので交換プログラムを申し込むことに。

iPod nano (1st generation) 交換プログラム

こちらのリンクから申し込みができます。シリアルナンバーを入力して交換対象かどうかを判断できます。
申し込みが深夜でしたが、開けて翌日の夕方には宅急便の方が本体を引き取りに来ました。早いですね。本体を引渡して荷札を受け取るだけです。着払いなのでこちらの手数料はかかりません。

手元に戻ってくるまでに6週間ほどかかるそうなので、気長に待つことにしましょう。 
他の記事を巡回してみると6thになって戻ってくる場合があるそうで。さすがに在庫等考えるとそのようなこともあるのでしょうね。
個人的には操作性がよいので1stでも構わないのですが、どうなることでしょうか。


すっかり古びた旅立ち前の初代iPod nano

ap01
ap02
 

HDDの代替処理保留中のセクタを修復してみた(HDAT2使用)

少し前のことですが、HDDの代替処理保留中のセクタが増えてPCの操作がもたつくようになったので、緊急避難的に代替不可能セクタの修復を試してみました。

使用するツールはHDAT2。詳細は先人の素晴らしい記事が沢山ありますのでそちらを参考にしてください。
ちなみに、HDAT2を使用するうえで注意しなければいけないことは、代替処理がHDDによって保留されているセクタをHDAT2によって強制的にデータを書き換えてHDDに代替え処理を促すという点です。
つまり、代替が必要=元データは使用できないと考えて元のセクタに記録されているデータとは無関係なデータをセクタに書き込むということです。この結果、代替処理が行われる可能性が高くなるが元データは書き換えられるということになります。よって、HDAT2を使用するのはHDDに記録されている一部の元データを犠牲にしてハード的にもたつく動作を解消しようというものです。なので、代替処理が完了したら必要なデータは速やかに退避させるべきです。(もちろん、代替処理された箇所のデータはHDAT2によって書き換えられているはずです)
この点は重要なので、使用される方はHDAT2の特性をよく理解したうえで使用してくださいね。

まずは、HDAT2の起動から。
今回はUSBにインストールして使用しました。詳細は割愛します。

HDDの選択画面が表示されるので、対象のHDDを選択します。
次にメインメニューが表示されるので「Device tests menue」を選択します。

 HDAT01


次に、「Detect and fix bad sectors menu」を選択
HDAT02

その後、「Fix with VERIFY/WRITE/VERIFY」を選択。(HDDの壊れ方?の度合いによって、この中のメニューから1つを選択します。今回は割愛)
HDAT03


進めてゆくとHDDのスキャンが始まります。原理としてはセクタ1つ1つを読み取り、エラーがあれば値を書き込み、HDDに代替え処理を促すということになります。
HDAT04


キャンと修復にはそれなりの時間がかかります。完了したのが次の画面。
中断より少し下に表示されているバーに「B」と表示されている箇所が読み取りエラーがあったセクタの場所です。今回は441セクタにエラーがあったということになります。
HDAT05

ここまでで一応、代替処理まちのセクタが代替処理されたのを確認しました。(CDIを使用)
やはり一部のファイルは壊れるようです。(偶然、画像や音声ファイルだったのです助かりましたが…)
さっそくファイルのコピーを採取しておきました。近いうちにHDDを交換する予定です。

ちなみに、このHDAT2ですが、エラーセクタを検知するたびにBeep音が鳴り響ききます。エラーセクタ数によりますが、数が多いとかなり煩わしいです。
Beep音を鳴らさない設定もありますので、設定変更をしておくとよいと思います。
方法は、デバイス選択の画面でキー(失念!先生に聞いてください)を押すとメニューが表示されるので、Soundの項目をdisableに設定してください。
HDAT06


HDAT07





ブックマークバーを表示するには(Chrome)

私の使用しているChromeですが、新しいタブを開いてページ移動するとブックマークバーが表示されなくなっていました。
バージョンアップによる変更なのか、拡張機能との相性なのかわかりませんがページ移動してもブックマークバーを表示させておく方法を。

まずはこの時点でのバージョンを確認。
b01

この時点では最新です。

どういう状況かというと、普段は表示されているブックマークバー
b02

このブックマークバーなんですが、別のページを表示すると次のように
b03
消えてしまいます。個人的には不便なのです。

で、どうすればよいかというと、右端の設定メニューから「ブックマーク」→「ブックマーク バーを表示」にチェックを入れておけばよいようです。
b04

これでページ遷移してもブックマークバーが表示されたままになります。

しかし、仕様変更なのか何らかの拍子でチェックが外れてしまったのか?真相は知りません。調べるのが面倒なのでw





 

KB2852386 Windows Update のクリーンアップ機能が表示されない

今月の定例アップデートで追加されたKB2852386ですが、多くのサイトでWindows Updateのクリーンアップ機能が実装されたということで試されているようですね。

が、 私の環境ではなぜか該当の項目が表示されない。
u01

でも簡単なことでした。上記リンクをよく読んでみると「表示されない場合、システム ファイルのクリーンアップ」をクリックして再度実施せよとの記述が。

u02

出てきました。予想よりは容量喰ってなかったですね。
何か人柱的なフラグがプンプンするので、しばらく様子見です。

#それよりも、このアップデートの単体ダウンロードページにある検証ツールがサポート切れと表示されるのが気になりますが。。。 
Yahoo! JAPAN 復興支援 東日本大震災
Amazonライブリンク