ボロ雑巾な(元)SEの焼き肉食べたい!

面倒なことは嫌い。先人の知恵は遠慮せずに活用する元SE兼何でも屋のぼやき。 仕事柄、Windows系の記事ばかりになってしまうのは仕方がないの。

2012年09月

まんが喫茶

近所のまんが喫茶が料金値下げを実施したのでたまにはいいかなと思って使ってみた。

平日ということもあり、客は若干少なめ。
なので割りと静かでたまにキーボードをたたく音がかすかに聞こえてくるくらい。
以外に快適。

今回は個室に入ったけど、オープン席とかは自分が見ているWebページとかが他人に丸見えになるからあまり入りたくないな。
PCもいらんソフトがインストールされているからか、スペックの割にはちょっと動作が重いけど、Web参照くらいなら全然問題ないレベル。
ただ、ネットの接続速度はいまいち。1Gbpsが1ラインのみでそれを全夕ー座で共有しているせいかもしれないけど、全体的にもっさりした動作になる。まぁ安かろう悪かろうの世界なんだろう。

BNRスピードテストを実施してみたので参考ていどに貼り付けておく。
------ BNRスピードテスト (ダウンロード速度) ------
測定サイト: http://www.musen-lan.com/speed/ Ver5.3003
測定日時: 2012/09/27 01:17:36
回線/ISP/地域:
--------------------------------------------------
1.NTTPC(WebARENA)1: 54.85Mbps (6.86MB/sec)
2.NTTPC(WebARENA)2: 53.21Mbps (6.65MB/sec)
推定転送速度: 54.85Mbps (6.86MB/sec)

あれ?予想(1~2Mbps)よりはスピード出てる。
もっさり動作はPC側の問題かな~。あーこのPCのメンテナンスしたい(笑)

Windows7 バックアップのエラー その3

Paragon Backup & Recovery 2012 Freeを使うと「新しいボリュームの自動マウントを無効」になるようです。
少なくとも私のPCでは起動するだけでそのような挙動になります。

別のWindows7搭載PCでmountvolコマンドで確認してみると、新しいボリュームの自動マウントは有効になっています。(Pragonはインストールしていない)

Google先生によると、この自動マウントが有効になっていないとRAWデータにアクセスできないとのこと。
RAWデータが指し示すところはCドライブの先頭(隠し)パーティーションと思われます。

それが原因でWindows7のバックアップが正常に機能しない結果に至った。と結論付けました。


が、そもそも
Paragon Backup & Recovery 2012 Freeをインストールした訳は、Windows7のバックアップ機能を使うつもりがなかったからです。では、なぜWindows7のバックアップ機能のエラーで騒いでいたかというとParagondでもCドライブのバックアップに失敗していたからです。Paragon側の異常終了だったのでこちらでの対処はすぐにできないと考えました。


当初の予定としてはParagonで全ドライブのバックアップを取得するつもりだったのですが、Cドライブのみエラーとなったため、CドライブのみWindows7の機能でバックアップを行い、それ以外のドライブはParagonを併用してバックアップを行うよう進めました。
その結果がこれですよ。先にParagon側のエラー原因を突き止める必要があったようです。しくじった・・・

なぜ、Paragonをインストールしようとしたか?ですが、バックアップイメージを仮想化してマウントできるなどのWindows7搭載のバックアップより機能が豊富で柔軟性があると考えたからです。

このような状況では併用はできません。どちらかのバックアップ機能で一本化する必要があります。
今実現可能な選択肢はWindows7のバックアップ機能を使うことです。Paragonの機能性を捨てることになりますが。

さて、どうするか?
  • Paragonのエラー原因を突き止める
  • Windows7のバックアップ機能で我慢する
  • 他のバックアップソフトを模索する
バックアップイメージは同一筐体内の別ドライブに一旦作成し、その後NASに転送することを考えています(最低限の冗長化)。それが実現できる方法を模索したいと思います。Windows7のバックアップ機能はネットワーク上にバックアップイメージを作成できる(Professional以上)ので実現可能ではあるのですが、若干自由度に欠けるので極力使いたくないですね。
とりあえず、現行環境でデータの保全ができるWindows7のバックアップ機能で一本化して置くことにします。
これでも、別ドライブに保存したイメージをバッチやPowerShellなんかでNASに転送することは可能ですし。

もう寝る。 

Windows7 バックアップのエラー その2

Windows7のバックアップが、0x80070002のエラーコードで失敗する件
とりあえず解決

  1. コマンドプロンプトを管理者権限で起動
  2. 次のコマンドを入力して実行「mountvol /E」
  3. PCを再起動
これでバックアップ失敗は解消しました。
何故、これで失敗が解消するのかの詳細は別途調べてみます。

#あと、システム修復ディスクを作っておくこと

Windows7 バックアップのエラー

Windows7に標準搭載されているバックアップ機能「ファイルのバックアップまたは復元」の
機能でシステムがインストールされているディスクのバックアップが失敗する。

エラー内容は、「指定されたファイルが見つかりません。」と表示される。
また、詳細を表示させると次のように表示される。
bkerr_01
他のディスク(Dドライブ等は正常にバックアップできる)
SSD→HDDからのバックアップが失敗なのか?シンボリックリンクを張りまくっているのかが原因なのか?よくわからない。

とりあえず。エラーコード:0x80070002で検索して調べてみことにする。

隣の住人

物音がうるさい!!!!!
○ね
Yahoo! JAPAN 復興支援 東日本大震災
Amazonライブリンク